スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

1/26アチック『イヨマンテ』

2013/01/24 Thu 18:00

今週アチックフォーラムです!
    1月26日(土)14時から

『イヨマンテ ―熊おくり―』 No8

◎1977年/103分/自主制作/制作協力 グループ現代・近畿日本ツーリスト・
              日本観光文化研究所/北海道沙流郡平取町二風谷

■■■ アイヌにとって最大の儀礼であるイヨマンテ。この儀礼には
アイヌの自然観、生命観が凝縮している。日高地方のアイヌによる
イヨマンテを準備から記録した長編。 

   
F008イヨマンテ_cap3

F008イヨマンテ_cap6

 イヨマンテとはイ(それを)・オマンテ(返す)という意味で、
熊の魂を神の国へ送り返すまつりをいう。アイヌ民族にとって、熊
は重要な狩猟対象であるとともに神であり、親しみと畏敬の対象で
あった。熊は神の国から、毛皮の着物を着、肉の食べ物を背負い、
胆(い)という万病の薬を持って、アイヌつまり人間の世界へ来て
くれる。そのお礼に人間界のお土産を持たせ、また来てくださいと
送り返すのだとアイヌは言う。

 1977年3月上旬、このイヨマンテは行われた。指導にあたったのは
二風谷アイヌ民族資料館の萱野茂さん。
「本物のイヨマンテを覚えておきたい」というアイヌの青年たちの
熱意に支えられて、まつりは実現した。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「アチックは映画を観たあとに話せるのがヨイですねぇ!」

ありがたい感想をいただきました。(涙)

アチックフォーラムは開設から32年。
映画を観ていただく場のみでなく意見・情報交換の場として
上映後の車座トークを続けてきました。

話すテーマの根底には“基層文化を考えるという”が
ありますが、またその奥に共通してあるものは
暮らしの知恵から“人間を考える”でしょうか。

また2012年以降は、自分たちの足元を見つめる、
見直す、きっかけに観て下さるといったお声を
よりたくさん頂いております。

これからもアチックフォーラムが始まった初心と同じく
“記録映画の上映、そして映画をきっかけにして見知らぬ
人が集い話し合う場”を大事にしてゆきたいと思います。

26日の車座トークゲストは伊藤碩男さん。

 ※伊藤碩男さんは、民映研創設メンバー三人衆(姫田・伊藤・小泉)
  のお一人。アチックフォーラムの名付け親。お楽しみに。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 開 場:13:30/上映 14:00~
 会 費:1,000円
 場 所:民族文化映像研究所
      東京都中央区日本橋馬喰町2-5-12 小沢ビル6F
 お問合せ:民映研事務局中川 TEL 03-6661-7161
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 ~オマケ:伊藤さんは仕事でも人生でも大先輩。
  ですが繊細でまた温かい優しい人柄に便乗して、ときどき
  みっちゃんと呼んでみたりして。(すみません)

             皆さまのご参加をお待ちしています。 民映研・中川
スポンサーサイト
民映研からのお知らせ
バナー旧太田家新作報告 バナー対論日本3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。