スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
渋谷にある単館映画館の老舗「アップリンク」で、青原さとし監督の「タケヤネの里」を上映中。配給を民映研が受け持っています。
青原監督は十数年民映研に在籍した雄です。
タケヤネとは、九州八女辺りの、尾根筋に群生する「かしろ竹」が生える場を意味します。カシロ竹は。竹皮編み細工では高級品とされる素材で、日本の工芸の大切な宝です。
カシロ竹の竹皮編み工芸は、九州ではなく、群馬県高崎が盛んでした。盛んでしたが、今は技術を継承する職人は一人となっています。
そのひとりの職人が前島美江さん。
前島美江さんは、若い頃、民映研んい出入りし、越後奥三面で民具調査に参加したり長く関わりを持った人物です。
その前島美江さんの活動を追ったのが青原監督な訳です。
とても面白いロードムービー風ドキュメンタリーに仕上がっています。是非ご覧下さい。s
スポンサーサイト
民映研からのお知らせ
バナー旧太田家新作報告 バナー対論日本3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。