スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

横浜・大倉山の保育園へ

2012/07/07 Sat 18:12

DSC03924.jpg

7月7日「七夕」の今日、あいにくの雨模様でしたが、横浜・大倉山にある森の樹保育園に出かけてきました。
民映研作品No4「うつわ ~食器の文化~」の上映。そして少しばかり姫田の話しの会も。

このブログでも何度も取り上げていますが、「うつわ」は民映研作品としては珍しい
「音楽」(作曲を依頼し、オリジナルの音楽制作をしたもの)が入っています。
そしてこの音楽を作曲したのが、残念ながら今年1月に80歳で亡くなられた林光さんです。

この上映会は、姫田が書いた岩波ブックレット「忘れられた日本の文化」を読んだ
森の樹保育園園長・河野先生が、是非民映研作品の上映会をしたいと考え、実現しました。
また、声楽家の佐山真知子さんの「真知子塾」(歌を歌い、光さんの作品も多く歌う会のようです)の
日程に合わせ、更に姫田とも旧知である和光小学校の故・平野正美先生につながる方々なども参加。
中には私も知っている東京の「音楽教育の会」の先生方もお顔をみえ、50名以上の方が参加して下さいました。

DSC03928.jpg

上映後、残っていただいた有志の方の前で、姫田が話しました。
ここに参加された方の多くが、「民族文化映像研究所」や「姫田忠義」のことを
今日初めて知る方でした。
でも中には、「山形の独立学園で奥三面を観た」という青年もいたりして、
「岩波ブックレットなどの表紙に使われている奥三面の写真、
あれはいいですね。ブリューゲルの画みたいだ!」と言ってくれて、
ああ、今までお付き合いはないけど、民映研作品や姫田を知ってくれている人がいるんだなぁと、
感慨深い気持ちになりました。

DSC03935.jpg

帰り際に記念撮影。

「うつわ」は約1年半かけて、全国64個所を撮影した作品。
しかし色々な制約の中で、完成したのは40分の作品・・・
ということは、使われなかったフィルムの部分のほうが多い・・・のです。
昭和49年から50年の日本が写りこんでいる未発表の映画フィルム。
なんとか日の目を見せたい・・・と姫田は言い続けていますが、未だ実現してません。
何か良きアイデア、並びに資金が調達できないものかと思案中・・・。
私は今年47歳になります。なんと「うつわ」の映像の中に写りこんでいる姫田の姿は、
当時47歳!  同じ歳になってしまいました。

                                 (姫田蘭)
スポンサーサイト
各地の上映会&講演から
バナー旧太田家新作報告 バナー対論日本3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。