スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

工芸技術の世界へ

2011/11/30 Wed 23:00

ご無沙汰しております。

今日は、文化庁の工芸記録映画『鋳金ー大澤光民のわざー』を観てきました。
(2010年度・グループ現代製作・36分・35mm・カラー)

文化庁の工芸記録映画は、いずれも35mmフィルムです。
今日の上映は小さな試写室のスクリーンで拝見しましたが、
デジタルとはこんなにも違うのか、と素人ながら感動しました。

あの美しい奥行きは、照明のせいでしょうか。
しっかりと対象を捉えているカメラも安定していて、静かな迫力が伝わってきます。
(もう単純に「コレ、好き!」としか表現しきれないのが、本音だったりします)

そして、思わず目頭をおさえたのが、上映前に行われた大澤さんのお話です。
創作への絶えない情熱を子どものような好奇心と共に語り、
撮影チームの労を母のように労い、師や父の教えを先人として説く。

その人柄が作品のテーマや造形にもしっかりと表れており、
非常に感銘を受けました。

大澤さんの話で特に印象に残ったのは、「人様が見ていないところでも、
決して手を抜かずに仕事をするものだ」という主旨のお父さまの話です。

父(同性の親)の背中を見て育つ、敬意(信頼と安心)を持つことは、本当に大事なことだなと。
それが、子の根気・集中力・めげない力の礎になるのでしょう。たぶん一生涯分の。

文化庁工芸記録映画のシリーズは、11月25日(金)から年明け1月15日(日)まで、
東京国立近代美術館フィルムセンターで一挙公開されます。

ものづくりに携わる方、特に若手の方は、必見だと思います。
形を成さないものが、人の手で姿を与えられる(あるいは再構築の)過程で、
確実に生命を吹き込まれてゆくのが分かります。

民映研にも、いくつもの工芸記録・技術伝承の映像がありますよね。
(年明け2012年2月からは、世田谷「生活工房」で3度目の特集上映もあるはず)

できれば、お師匠や先輩と一緒に観ていただけると良いなと思います。
もちろん、おひとり様でも、お友だちと出かけても、新たな発見があるはずです。

一番の学びは、良いものにいかに多く触れるか、いかに目を凝らすかに尽きる、
と改めて思った次第です。おそらく、それだけで充分。それが最大公約数なのです。

またこのようにフィルム観賞ができる施設のあることの大切さも感じました。
デジタル化の一方で、デジタルにならない不世出の作品も、きっとたくさんあるのですものね。

(文/同人・今井千洋)
スポンサーサイト
民映研からのお知らせ
バナー旧太田家新作報告 バナー対論日本3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。