スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

鋳金

2011/08/27 Sat 11:16

平成22年度 工芸技術記録映画「鋳金 大澤光民のわざ」(グループ現代製作)の試写を観て来た。
鋳金とは鋳物を造る事。鋳物とは鉄等を溶解して型に流し込み成形する技。
関東で鋳物が有名な所は川口。吉永小百合の「キューポラのある街」の舞台。キューポラとは鉄をコークスで溶解する炉の事。和名は「甑」です。
映画「鋳金」の舞台は富山県高岡。古く鋳金が盛んな場所だそうです。職人大澤光民さんが実に複雑な工程の鋳物の花瓶を造る様子が記録されている。
民映研にも鉄関係の作品はいくつかありますが、鋳物と言えば作品No44「川口の鋳物師」でしょうかね。
川口の鋳物は砂型という砂を固めて型を作る方式です。メス型自体は砂なので一回毎に壊れてしまいますが、容易に型を作る事が出来るので量産に向いているようです。
映画「鋳金」では、焼型鋳造法での作業が記録されていました。これは型を高温で焼いた粘土で作ります。ですから砂型のような作業効率にはならず、一品物向きで、尚且つ高度な表現に向いた技法のようです。
鋳金は外型(メス)と中子(一回り小さなオス型)との隙間に溶かした鉄を流し込み成形します。とても私の文章力ではこれ以上表現出来ませんが、実に繊細な作業なんです。その上今回の鋳金作品はステンレスと鋼線での柄を入れるために二回鋳金を行う複雑な作業工程でした。
ものすごく面白い作業なんですが、とっても複雑で鋳物の基礎知識がないとそう簡単には理解出来ない。鋳物についてはかなり理解がある私でさえ、その作業を理解するには、かなり頭が混乱しました。

文化庁の企画の仕事で、この映画は35ミリフィルムで撮影しなければならないという決まりがあるそうです。
現在主流のハイビジョンカメラに比べると、数倍の大きさと重量のあるカメラを使用します。35ミリフィルムで撮影するとハイビジョンカメラの映像よりも遥かに艶のある奥行きのある映像を撮る事が出来るのです。その差は歴然です。具体的な理由はまた別の機会に譲ります。
しかし、艶やかな映像を手に入れると同時に失うものもあります。
それは機動力。手軽に扱える大きさではなく。撮影設計をしっかりと立てて計画的に作業しなければなりません。つまりイレギュラーには弱い。事前取材では理解出来ずにいた事が、実際の作業を前にすると様々な気付きが生まれ、それを突発的に撮影するのもドキュメンタリーの醍醐味です。それが簡単には行えないのが35ミリカメラ。
時間との競争で作業が進む場面では、撮影のために作業を止める事は出来ません。撮影対象の作業と息を合わせて動かなければなりません。しかも、最もその作業が理解し易いカメラポジションを選択しなければなりません。それが簡単には行えないのが35ミリカメラ。

民映研の作品はと言えば、民俗学的視点に立っているのですが技術伝承マニュアルかと思う程に「作業」をしつこく撮影しています。上か下から中身まで、執拗に覗き込みます。より大きく写そうとクローズアップも多様される傾向にあります。伊藤碩男キャメラマン直伝の世界観でしょうか。
それを思うと「鋳金」の突っ込みはちょっと物足りない。それこそが35ミリカメラの短所なんだと感じました。

「鋳金」のキャメラマンは民映研作品も良く取っている堀田泰寛氏。民映研作品No35「金沢の羽山ごもり」作品No50「越後奥三面」などのキャメラです。奥三面の撮影現場で「姫田さん、まず空気を撮りましょう」と言った名言が民映研の歴史に刻まれています。奥三面本編にも、その空気が写った場面が入っています。
今回の「鋳金」にも空気は写っていました。圧倒的な技術力です。後輩キャメラマンとして感服しました。
撮影設計がしっかりと作られていて照明も良かったです。でも、もうちょっとクローズアップで見つめてもらいたかったかな。
「鋳金」の監督は、民映研設立メンバーであり現事務局長の小泉修吉。小泉さんは経営手腕もあり、プロデュース能力が高く様々な作品を手がけていますが、本人も映像表現者なんです。民映研ではプロデュースに徹していますが、監督作品が数多くあります。
「鋳金」の製作を行った鈴木正義さんは古く民映研作品に関わって来た人。
「鋳金」の語りは、民映研作品ではお馴染みの糸博さんが担当。安定感がありながら、場面を牽引して行く語りが出来る職人です。
「鋳金」の脚本は、元民映研所員の今井友樹。今井さんは小泉さんから「鋳金」の企画書執筆のチャンスを与えられ見事に企画を通した強者。まだまだ、へなちょこな若者ですが、前途有望多難。楽しみな人物。

をはら筆
スポンサーサイト
民映研の日常
バナー旧太田家新作報告 バナー対論日本3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。