スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

2011/06/04 Sat 23:50

「杠」と書いて「ゆずりは」と読む。九州佐賀県に杠という地名もあるそうです。
ユズリハと言えば正月飾りに使う葉っぱです。ユズリハ科の常緑高木。

東白川村婚儀での花嫁衣装に、黒引きに空色の帯を合わせたのは、佐賀県の杠さん。
杠さんについての知識は殆ど持ち合わせません。婚儀の場で初めてお目に掛かった。結髪から衣装まで花嫁の全てのコーディネートを受け持った方。
ほんの少しだけしか言葉を交わす事はありませんが、立ち振る舞いを拝見しお仕事を垣間みると、なんとも「本物感」が漂う方でした。
生きる事の完成度の高い人。人として見習うに値する面が溢れる人。そんな条件を兼ね備えた人を私は「本物」と読んで区別しています。いやなに、個人的な話ですが。
杠さんはまさに「本物」の条件を持った人とお見受けした次第。民映研で「本物」を探すと事務局長の小泉修吉などがあがりますね。
様々見習って早いとこ本物の仲間入りがしたい物です。

をはら筆
スポンサーサイト
民映研の日常
バナー旧太田家新作報告 バナー対論日本3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。