スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

源氏香

2011/05/28 Sat 22:43

このブログの写真を見たのか、他の写真かは定かではありませんが、東白川村結婚の儀での花嫁の黒引きの青い帯の柄が「源氏香」で素敵であるとの意見を耳にした。
よく見ているなー!凄い観察力。私は柄については一言も書いていないのに!

源氏香は香道での遊びのひとつ。
五つの香りを五包づつ25包作り、その中から5包を無作為に選び、皆で香りを当てる遊び。選ばれた五包が全て同じ香りの可能性もあるし、すべて違う可能性もある。五つの組み合わせを当てる。
湯呑みほどの香炉に炭を入れ香木を炊く。ほのかな香りの違いを感じ取る。私は嗅覚が劣るのでちょっと無理な遊び。
その香りの組み合わせに名前が付いている。香の組合せは52種あり、源氏物語は54話なので頭と終は除き、各タイトルが組合せ名になっているのです。

東白川村へ向かった自動車に乗っていたのは、私とキャメラマン伊藤碩男さんと澤幡正範さんともうひとりは、セラピストの理香さん。理香さんはアロマやリフレを行うサロン・シュハリの施術者。彼女が香道を習っている。香道の中で源氏香で遊んだりするのです。香りの世界も奥が深く、香りの民俗学などを追求されている方もいますね。私も最近香りの世界に足を突っ込んでいる次第であります。ところで、結婚式前夜、民映研スタッフは宿でセラピストに健康を覘かれていました。あ、この話はまたこんど。

で源氏香では、五種の香当てをするのですが、その答えを絵で表す。五種の香を5本の線で表すのです。
五種全て違えば五本の縦線。五種全てひとつの香ならば、五本の縦線の上部を横線でつなぎひとつにする。
香
これが52種の図。このひとつづつが帯に金糸で描かれているのですね。
帯

それぞれに源氏物語があててあり、五本線は「帚木」とか、全部つながった図は「手習」とか決まっています。
世界最古の物語と云われる源氏物語とそれに香遊びが絡んだ図柄なんておしゃれであります。

をはら筆
スポンサーサイト
民映研の日常
バナー旧太田家新作報告 バナー対論日本3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。