スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

質問者への返答7

2011/05/11 Wed 12:06

 姫田監督と意見が激突した事は、私はありません。なぜって、そう言うポジション取りを私がしているからだと思います。互いに隙がなく攻めあぐねる場面が格闘技などで見られるじゃないですか、あんな状態。互いに余計な事は言わない関係ですね。たぶんそうだと思いますが、所長姫田の意見を聞いてみないとこれが正しいかどうか分かりませんが、互いに余計な事は言わない関係なので、聞けません。
 余計な事は言わないといいながら、歯に絹は被せない性格の私なのでかなりズケズケと思った事感じた事は言葉にしてしまいます。その時のルールがあります。
 1その人と二人きりの時には言わない。
 2その人がいない時には言わない。
 3第三者がいる時に言う。
この三つを守って言いたい事勝手にズケズケ話してしまうのです。かなり毒舌な私ですが、この三つのルールを守る事で特に問題なく暮らせます。1その人と二人きりの時にはズケズケものは言わないが、以外とフォローしていたりして。2その人がいない時にはズケズケとしゃべると悪口になる可能性があるので、気をつけます。悪口って楽しいからつい言っちゃうんですけど、自制心は大切ですねー。3第三者がいる時にズケズケと何をしゃべっても悪口にはならない。しかし、限度を超えたら喧嘩になるんでしょうね。でも限度は絶対に超えません。これらのルールはブログを書くためまとめてみましたが、実際はルールなんかじゃなくて、私に染み付いた性格ですね。無意識にすべて行動しています。だからね、所長姫田とも姫田監督とも違う意見を言う事はあっても激突する事はありません。

 過去に在籍した数々のスタッフとは激突していたようです。
 ただし、これは質問の答がこの一行に集約されていますね。質問の二つ目は、
 【質問】
 ② 撮影では姫田監督と激突したことはありますか?
   そのときは監督が折れますか、撮影者が折れますか?
 
 と言うものでした。つまり、「過去に在籍」したのだから撮影者が折れたってことですね。在籍したスタッフは撮影者ではありません、演出助手ですが。
 じゃあ、撮影者どうだったかというと・・・つづく。
をはら筆
スポンサーサイト
民映研の日常
バナー旧太田家新作報告 バナー対論日本3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。