スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

上映会計画

2011/04/29 Fri 11:52

 実を言うと、民映研作品はかなり死蔵されている感がある。
 つまり、なかなか日の目を見ない。
 昭和40年代に完成させた映像作品である。ノスタルジーの域の作品との見方も出来る。

 映像が持つ基礎なる効能は二つと考える。
 一つは、プレゼンテーションの力。故にCMは発達している。
 プレゼンテーションとは、水先案内である。 ある事を知らない人に説明し興味を持たせる事が仕事。様々なコミュニケーション法の中でも際立って、うまく水先案内が出来るツールが「映像」。
 もう一つは、今を伝える能力。 決してテレビ中継のようなリアルタイムの即時性を言うのではないが、時代が持つ空気感を今伝える事に適したツール。

 民映研作品も、その制作年代そのものに必要とされた作品群。30年後50年後に観る事を想定した作品じゃない。でも、月日が経っても鑑賞に値する内容が写っている事も事実です。
 50年後に観ようなんてタイムカプセル的作品は、たぶん詰まらない。その時代に必要とされた物が撮影されていなければ、後年評価されるチャンスも与えられない作品になっちゃうだろーなー。

 でもね、映像は観なければ意味がない。
 国宝に指定される仏像は、今でも働いている。人はその前に行って手を合わせる。それぞれの拠り所の一つとして機能している。500年前に作られた、ただの人型の物体ではないのだ。お寺さんの木造建築も現代でまだ働いている。ちゃんと雨風から守る基本はぶれていない。
 民映研の映像群は、数百とあるがなかなか観れない。資本主義のルールの中では、見せる事で経済が回らないとそれは出来ないとなる。で、民映研では、アチックフォーラムなど以外での公開の場が少ない。へたに動くと赤字になる。
 しかし、そんなー事を宣っていては、物事先へ進まない。先ずは、民映研なんて知らない。昭和の記録映画なんて知らない、興味ないって人、つまり、平成生まれの諸氏に観てもらえる環境を用意してみようと考えた。
 原宿にあるミニシアターで公開してみる。
 レイトショーで公開してみる。
 インターネットを活用する。
 とにかく、いままで、民映研が出会った事のない人にあってみたい。

 って計画が密やかに確実に着々と進行している事だけを今日はお伝え致します。
 たぶんね、このブログを読んで下さっている皆様じゃない人類と出会いたいと思っています。計画実行の折には、是非昭和の記録映画なんて興味ないって方々を大いに動員して頂きたく、お願い申し上げまする。 をはらのぶゆき
スポンサーサイト
民映研の日常
バナー旧太田家新作報告 バナー対論日本3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。