スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
定期刊行物『民映研通信』(VOL.30 No.113 2011.4.1)が発行されました。

お手元に届いた方から、お電話やメールなどでお便りをいただいています。
定期上映会「アチック・フォーラム」、各地の上映と講演については、
メールマガジンでもお知らせしていますので、ぜひご覧ください。

さて、今号の内容は……

20110415a.jpg

◆声もなく、涙もなく、その人は立つ
 ─私たちの存在の深部・激震─

(民族文化映像研究所所長 姫田忠義)
「春を呼び、豊穣をたべ(給え)雪帽子」(忠) わが家の窓外に立つコブシの木が……


◆東海・民映研の映画を観る会
 「語るもの継ぐもの」―民のくらしと心の源流を求めて

・寄稿 深谷勇次郎(東海・民映研の映画を観る会)/蒲勇介(NPO法人 ORGAN)
・寝屋子を語り継ぐ―その足元にある生活、漁業を見つめて
 対談 山下正弥×姫田忠義/寄稿 山下正弥
・ワールド・カフェ「われわれが受け継ぐべきもの」


◆基層文化を手渡すために
 自主制作作品フィルム原版のデジタル化に着手しました

・民映研からの報告
・寄稿 澤上憲(さわかみ一般財団法人)


◆刊行のお知らせ DVDシリーズ「対論日本」第3巻 発売中
 『記憶と記録~基層文化の探究~』姫田忠義×佐藤洋一郎


◆新作報告 ビデオ作品
 『火災の教訓と重要文化財蘇生への歩み
  ―旧太田家住宅焼損復旧修理工事の記録』


◆連載 ATTIC FORUMから
2011年1月29日(土)『大隅の柴まつり』


◆連載 肥後小国の山から―秋吉太平さんの手紙
第1の話「夜なべ小屋」


◆INFORMATION
・各地の上映会/新しい定期上映会
・NEWS/第8回日本山村会議
・民映研関連書物復刊プロジェクト/お知らせ5
・今号の1枚

◆ATTIC FORUM(アチック・フォーラム予定)
 2011年4月~6月期
「自然のながれ・いのちのながれ(2)」

◆雑記(編集後記)


20110415b.jpg今回は編集Iさんの呼びかけで、「日本の姿」制作の頃から
民映研事務局を務めていたOBスタッフ・Oさんと子どもたち、
『山に生かされた日々』や『野にありて目耳をすます』はじめ
民映研関連書籍の編集に多数携わっておられるMさんが、
発送作業に参加してくださいました。

O家の子どもたちは3人兄弟。ときどき民映研に遊びに来てくれ、
彼らがいる日の民映研は、とてもにぎやかなのですが、
この日姿を現したのは、3人のうち2人だけ。

一番年上のお兄ちゃんは、今年4月に入学した小学校へ通っているのでした。

20110415c.jpg

そんなわけで、編集Iさんが用意してくれたのが、写真左上のお祝いカード。
カードを開くと恐竜の鳴き声とメロディが流れます。

我先にと中身を見たがる下の子2人に隠れながら、
大人たちが順々にメッセージを書き足しました。

発送作業の間に
姫田さんの書斎から、「ギャース」。
しばらくして、「ギャース」。
また数分後に、「ギャース」。
事務室から、「ギャース」。
どこかで、「ギャース」。

写真右上は、これまたIさんが焼いてくれた手作りクッキー。
パンダ、トリ、ブタ、葉っぱ、ヒト……、と選んでいたら
あっという間にお皿が空っぽになってしまいました。

(文/事務局C)


※年4回発行『民映研通信』の詳細はこちら。お申し込みは事務局まで。
※今回発送分のなかで数件、宛先不明で返送されたものがありました。
 住所変更の際は、お手数ですが民映研事務局までお知らせくださいませ。

スポンサーサイト
民映研からのお知らせ
バナー旧太田家新作報告 バナー対論日本3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。