スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

日の目を見る7

2011/04/12 Tue 18:00

 川崎市によって編集費用が用意されると、これはお仕事です。いい加減には進められません。構成編集は川崎市立日本民家園と共に行います。
 先ずは倉庫に保管されていたアナログベータカムの記録ビデオテープを出してこなければなりません。そして、編集作業は、アナログベータカムに時代には「リニア編集」と呼ばれるアナログな仕組みでしたが、現在では「ノンリニア編集」へと意向しています。そこで今後の様々な展開も配慮しアナログデータをデジタルデータ化しました。そして、そのデータをパソコンへ取り込みます。ここまでの作業は蘭さんが黙々と粛々と行ってくれました。この地味な作業を行うのは大変なんですよ。

 デジタル化されパソコンで観られるようになったら先ずは試写です。ロール1から順番に試写します。このロールという単位は、フィルム時代からある単位でフィルムひと巻きを1ロールと呼びました。撮影用ネガフィルムには一巻、100feet、400feet、1000feetと三種類あります。フィルムの長さに関わらず一巻きを1ロール(わんろーる)と呼びます。フィルムの場合少しややこしいのは、撮影途中で切り出したりする事がある事です。すると400feetの長さのフィルムが、例えば220feetと180feetに分断されたりします。するとこれは2ロールなんですね。切れていないひとつながりのネガフィルムを1ロールと呼ぶ訳です。
 その名残で、ビデオ時代に入ってもビデオテープ一本を1ロールと呼びます。ただし途中で物理的に切ったりする事はないので、ビデオテープカセット一つが1ロールですね。
 この1ロールの中で時系列が狂う事はありません。特にビデオテープは一度撮影した部分に再使用が可能ですが、プロの現場では基本的に一回しか使いません。理由は二つあります。
 ひとつは、二度目からノイズが発生する確立が高くなり危険である事。原則としてノイズの発生はNGです。だめって事です。もう一つは、上書きする為に巻き戻したりして、必要な部分を消してしまう危険があると言う事。撮影中に失敗が分かる場合は多々ありますが、その失敗部分のビデオテープを使う事は、上記二つの理由で行わないのです。「取材中は原則的に巻き戻しは絶対に行わない」が原則なのです。再生チェックをする場合は、その日の収録が全て終了したとか区切りのちゃんとした時間に行います。でないとですね、収録済みを消してしまう危険があるのです。実際消えてなくなった事も大概の人が経験していると思います。
 で、時系列に並んだ旧太田家復旧作業を1ロール目から順番に試写するのです。細かい説明など聞く事もなく、また、20年も前の事を鮮明に覚えている人もいないのです。しかし、罹災消失した民家を再現するという基本のストーリーは不変ですから、順番に眺めていれば大体わかるんです、普通は。
 ところが、この作品は一筋縄では行かなかったわけです。・・・つづく
をはら筆
スポンサーサイト
映像作品から
バナー旧太田家新作報告 バナー対論日本3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。