スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

地震3

2011/03/17 Thu 17:27

 津波の恐ろしさを体感し、現状を確認し、事態を理解すると少しずつ落ち着いて来る。たとえ大切な人を失ったとしても、現実に立ち向かう人は落ち着きを取り戻し始める。
 ところが、今回の震災では安全神話に包まれていた原子力発電所が被災し制御不能と成り果てた。お陰で、体感し確認し理解が全然進まない。人心には得も言われぬ不安が溢れる。
 情報源はさまざまあるが、最後に判断するのは自分です。取り乱す事なく、落ち着いていたいと思いますが、様々不安で恐怖で混乱の修羅場を潜って人でもなければ、デマやガセに惑わされる。東京という世界一の街にある乾電池を買い占めてみたり、懐中電灯を買い占めたり、トイレットペーパーが消え去ったりしている。
 盗んだり奪ったりという事態が少ないのは、誇るべき事柄かも知れないが、都会人の個人主義的コミュニケーション不足は恐ろしく発達してしまったんですね。ご近所なんて言葉は死語で、各自がそれぞれリスクの対応しているようだ。
 テレビで被災地の状況を眺めていたら、旧室根村の炊き出し風景が紹介された。「陸奥室根の荒祭り」という作品が民映研にある。当時の皆さんはお元気だろうか。
をはら筆
スポンサーサイト
民映研からのお知らせ
バナー旧太田家新作報告 バナー対論日本3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。