スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
毎月第2・第4土曜日は、アチック・フォーラムの日!
というわけで2010年7月24日(土)は、鶴川の民映研事務所で
7月後半の「アチック・フォーラム」が開催されました。

この日は、各地でお祭や盆踊りが催されていたようです。
鶴川でも斜め向かいの公園が幼稚園の夏祭りの会場に、
少し離れた野菜の直売所が盆踊りの舞台になっていました。

20100724attic.jpg

子どもたちの声に交じってお囃子や太鼓の音が聞こえるなか、
上映したのは新潟県山古志村を中心に記録した行事(神事)
「越後二十村郷(えちごにじゅうむらごう)牛の角突き」。

上映後、いつものようにも10数名で輪になってお話をしましたら、
なんと「角突き」から「稲藁(いなわら)」の話で盛り上がりまして、

秋には小田原の田んぼの収穫を手伝いに行こう

……ということになりました。
そこでワラをいただき、材料にして、「しめ縄」をない、「むしろ」を編み、
年末に行われる忘年会に持ち込み、年を越そう、という計画なのです。

「郷とは何か」「牛がいても馬屋/厩なのか」「あの段差は何か」
「動物は立って寝るのか」「堆肥の熱量はすごい」等々、方々に及んだ話題が
思いがけない方向に飛び火しました。動くアチック(屋根裏)です。

収穫の前後、アチック・フォーラムで「稲ワラの恵み ―飛騨国白川郷―」か
年末年始の迎え方や稲科の植物の活用についても、合わせて学びたいですね。

ぜひ実現しましょう。
スポンサーサイト
アチック・フォーラムから
バナー旧太田家新作報告 バナー対論日本3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。