スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

民映研のお茶

2010/06/08 Tue 19:00

たまには息抜きということで、今日は日常風景より
民映研に届いた「お茶」をご紹介します。

ocha.jpg<

ある日のこと。

「ねえねえ、美味しいお茶を買おうよ。
 民映研のお茶は美味しいわねって、以前はよく言われてたんだよ~」

制作&技術担当の蘭さんが、ポツリ言いました。

それを受けて

「せっかくならスタッフや映画でお世話になった方々に
 関わりのある地域のお茶がいいですよね~」

などと話していたら……

来ました。
美味しいお茶が!
ちょうど今、民映研は7月1日発行予定『民映研通信』の編集時期。
そこで編集&制作を担当されている岩井さんが、静岡県掛川市で作られた
「松本さんちのお茶 深むし煎茶」をお土産にくださったのでした。

さらに帰省していた演出の今井さんにもお願いして、民映研へ立ち寄った際、
岐阜県・白川園本舗の「棒茶」を届けていただきました。

これでお客さまに美味しいお茶を飲んでいただけます。
よかった、よかった。おふたりとも、ありがとうございます。

みなさまも、民映研にいらした時は「あのお茶」を思いだしてくださいね。
在庫(?)に限りがございますが、リクエストも歓迎です。

mango.jpg

民映研では、打ち合わせにせよ、雑談にせよ、お客さまとのお話にせよ、
あるいは定期上映会「アチック・フォーラム」にせよ、一度話がはじまると
かなり長~い時間、机を囲むことになります。悠久の時が流れます。

誰の話が一番長いか?
事務員が見る限り、みなさん長いのです。

そんな話の合間にひと息。
お茶とお菓子の存在が、とってもありがたいのでした。
ちなみに、写真の「マンゴードロップ」も岩井さんのお土産です!

(事務局/白石)
スポンサーサイト
民映研に届いたもの
バナー旧太田家新作報告 バナー対論日本3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。