スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

新・質問者への返答

2011/05/31 Tue 22:37

そう言えば、ブログに質問が来ていました。
ビデオカメラのホワイトバランスについてでした。

物には色があります。青い空。白い雲。赤いチューリップ。木々の緑。
光はなんで出来ていますか?電波の一種である。粒子の仲間である。二つの意見があり、それぞれの性格を光は持っているので、科学の世界では正解は発表されていません。
地球では、光を支配する圧倒的パワーはお日様にあります。お日様がなくなると真っ暗です。お日様の光が反射した物を私たちは眺めています。単純に云うと反射率で色が変化します。光を反射しにくい物は、黒く見えます。反射率の高い物は白く見えます。反射率が100%に近づくと色は無くなります。無色です。身近かな無色の代表は鏡です。少量の水も反射率が高く、透明に見えます。
微妙な反射率で色は決まります。ですから、白黒フィルムしかない時代の映画や写真から色成分は分析してカラーに復元する事も最近は出来ます。コンピューターの計算力のお蔭です。

物には元々色なんて無いのです。光を反射する量によって人の目に感じる光量が変化し色信号として脳へ情報が送られるんですね。ですから、生物によって色世界が違います。白黒に近い動物もいれば、フルカラーもいる。緑だけが見えない(感じない)動物もいたりする訳です。人はフルカラーで見えているつもりですが、人を基準にして人が判断した話ですからいい加減な事のなのかもしれません。

コピー用紙のような「白」があります。
このコピー用紙を私たちは基本的に白と認識します。想像して下さい、コピー紙を。そう、白ですね。
この紙をお日様の光で眺めたときの色(反射率)が基本の白です。そう誰かが決めました。誰だか知りません。
この紙を、お日様以外の光源、例えば電球の下へ持って行くと、さあどうなるでしょう?やはり白です。白いコピー紙はいつも白く見えている筈です。

ところがここにとんでもない間違いがあります。お日様の下の白と電球の下の白は色が違うのです。何処でもいつでも白いコピー紙を白だと思うのは、人間の思い込み。このいい加減さが実に便利でもあるのですが、記憶した色なんですね。
光源となる発光体には色々な色がります。ロウソクの光や焚き火の炎はオレンジ色に近い色ですよね。
色は反射です。光源の性質に影響されます。強い光の反射と弱い光の反射では、人の目には違う色となって見えているのです。ですから、お日様の白とロウソクの白をコピー紙で考えると後者はオレンジっぽい紙に見えている筈なのに白だと感じてしまうのです。

ビデオカメラは機械ですから、忠実に現実を写します。すると、人は混乱します。お日様の白が基準で、コピー紙はいつも白いと思っているのに、ビデオカメラで撮影された夜の電球の下の風景には「白」がないのです。全てがなんとなくオレンジっぽい色味。なんだよ!変な色!って事になる。
そこで、光源事に白を白に表現出来るように調整するのです。白に表現するとは、基準であるお日様の下でのコピー紙の白を再現すると云う事です。本当は機械の方が正直でその光源での反射率の通りに色を記録し再現しているのですが、人間はそれじゃ嫌なんですね。
このビデオカメラで白の表現を調整する事を「ホワイトバランスを合わせる」といいます。最近の民生機はオートマチックで調整されるので、ご存知ない方も多いと思います。

さて、ご質問は手動でホワイトバランスを合わせても同じ白にならないがどうしたもんかといったものでした。
返答:手動でのホワイトバランスは合いません。無理です。同じ白い紙でも光源の状況により反射率が変化します。その白をビデオカメラの機能でお日様の白に近づけているだけなので、絶対に合う筈がありません。
同一時間に同一の白い紙を二台以上のビデオカメラで撮影する場合には、同一の白にする事が技術的には可能です。同じブランドのカメラを用意するのが基本でしょう。簡単に考えても、レンズと撮像素子のファクターで色は全然違う表現をしますから、同じカメラでなければなりません。カメラやレンズによる違いが生じる事は「味」といいます。まあ好みの問題です。

プロとしては、同じ色を再現し表現しなければならない仕事もあります。コマーシャル撮影などは典型例です。「白もの」と呼ぶ洗濯機や冷蔵庫の撮影では、実物と同じ白の再現を求められます。この際に最も重要な事は、光源の管理なのです。ですから、お日様の光が入らないスタジオで完全に管理した照明を使います。電球の種類を合わせ、電球の製造番号も連番で揃えます。製品誤差があるのです。フィルムならばエマルジョン(乳剤)番号を合わせたり、ビデオならば、撮像素子は揃える事が基本です。私も助手の頃やらされました。神経使うし面倒くさい仕事でした。私は家電ではなく化粧品でしたからかなりうるさ方が揃っていました。蹴飛ばされながら仕事をしても、我が家のテレビで見ると我がテレビは安物で色が合っていない。なんの為に怒鳴られながら仕事したのやら?
で、色とか照明とか以前に、その時そこにいなければ撮る事の出来ない種類の仕事へシフトしてきました。白ものが白く見える事は大切な事です。しかし、それを超える大切もたくさんあると云う事だと思っています。

をはら筆
スポンサーサイト
民映研の日常

源氏香

2011/05/28 Sat 22:43

このブログの写真を見たのか、他の写真かは定かではありませんが、東白川村結婚の儀での花嫁の黒引きの青い帯の柄が「源氏香」で素敵であるとの意見を耳にした。
よく見ているなー!凄い観察力。私は柄については一言も書いていないのに!

源氏香は香道での遊びのひとつ。
五つの香りを五包づつ25包作り、その中から5包を無作為に選び、皆で香りを当てる遊び。選ばれた五包が全て同じ香りの可能性もあるし、すべて違う可能性もある。五つの組み合わせを当てる。
湯呑みほどの香炉に炭を入れ香木を炊く。ほのかな香りの違いを感じ取る。私は嗅覚が劣るのでちょっと無理な遊び。
その香りの組み合わせに名前が付いている。香の組合せは52種あり、源氏物語は54話なので頭と終は除き、各タイトルが組合せ名になっているのです。

東白川村へ向かった自動車に乗っていたのは、私とキャメラマン伊藤碩男さんと澤幡正範さんともうひとりは、セラピストの理香さん。理香さんはアロマやリフレを行うサロン・シュハリの施術者。彼女が香道を習っている。香道の中で源氏香で遊んだりするのです。香りの世界も奥が深く、香りの民俗学などを追求されている方もいますね。私も最近香りの世界に足を突っ込んでいる次第であります。ところで、結婚式前夜、民映研スタッフは宿でセラピストに健康を覘かれていました。あ、この話はまたこんど。

で源氏香では、五種の香当てをするのですが、その答えを絵で表す。五種の香を5本の線で表すのです。
五種全て違えば五本の縦線。五種全てひとつの香ならば、五本の縦線の上部を横線でつなぎひとつにする。
香
これが52種の図。このひとつづつが帯に金糸で描かれているのですね。
帯

それぞれに源氏物語があててあり、五本線は「帚木」とか、全部つながった図は「手習」とか決まっています。
世界最古の物語と云われる源氏物語とそれに香遊びが絡んだ図柄なんておしゃれであります。

をはら筆
民映研の日常

はばき2

2011/05/27 Fri 14:40

昨日書いた「はばきの話。
新郎が実家へ問い合わせをした。
はばきの語源は、「脛巾」と書くスネに当てる脚絆のようです。
嫁が嫁ぐ前に実家ではばきをして出掛けたようです。どうして、すね当てが豆腐をみんなで食べる事に変身したのかは良く分かりませんが、その象徴であることは間違いないようです。

地域によって様々な習俗が21世紀にまで、受け継がれてなくならずに続けられています。残念ながらその意味は伝承されずに形だけが残っている事例もあり、意味は残っていても形がなくなり復活も出来ない事例もあります。地域の人々は学者や研究者ではないので、意味に執着しません。人が生き暮らすのに一々意味は必要ないからですね。文化も歴史もゆっくりと動きます。薄れなくなり、新しい何かがゆっくりと始まっています。

岩手県宮古市姉吉地区は海岸に人家がありません。丘の上に集落があります。集落への坂道の途中に三陸津波の記念碑がある。そこには「これより下に家を建てるべからず」と記されている。3月11日には石碑の50m手前まで津波が来たそうだ。先人の教えを大切に暮らして来た姉吉地区は一切の被害が無かった。
100年前1000年前の教えは各地にあった筈。三陸は津波と縁の切れない地域。それは知っていても教えを守り続けるのはよういではないのですね。

はばきを続ける事が命を守る事に直接は繋がらなくても、何かの役に立つ、何かの意味がある。その事を思い知る日がいつか来るかも知れませんね。

をはら筆

民映研の日常

はばき

2011/05/26 Thu 12:15

東白川村での結婚式では、新郎宅で豆腐を食べた。四角い大きな豆腐。鰹節をあしらった冷や奴である。

豆腐

良く見ると豆腐の角が削られている。
この豆腐を式参列者皆でつついて食す。ひとつの物を分け合って食べる事に意味があると云う。
「はばき」と称していた。この豆腐を言うのか、皆で食べる事を言うのか、私には定かではありません。調べてみましたが分かりませんでした。(分かるスタッフは追記して下さいませ)

豆腐食べる

固めの木綿豆腐でおいしかったです。
桜湯を頂き、豆腐を食し、お酒を飲んで花嫁行列は出発しました。
民映研の日常

東白川村結婚の儀

2011/05/25 Wed 11:43

行列引き
 
 花嫁行列に参列するのは、私は初めて。
 撮影した事はありますが。

行列2

 行列といっても大掛かりなイベントではありません。仲人、新郎、仲人婦人に手を引かれた嫁。親族、友人ごちゃごちゃと連なって歩く。秒速10センチ位のスピードかな。
 「嫁よー!嫁よー!」との掛け声が掛かる。沿道には近所の人々が集まりお菓子が振る舞われる。玄関先に椅子を出しておばあさんが行列を待つ。
 みんなに祝福されてる感が溢れる。
見物

神社前
 結婚式を行った五加集落の鎮守は、銀弊社。
 銀弊社とは、社格を表す言葉・らしい。金・銀・白とある。誰が参拝するかで格が決まりそれぞれを表現するマークみたいなもののようだ。民映研の仕事でも時々見かけるが、どーも岐阜県でしか見かけない。
 神社庁ではなく岐阜県神社庁の仕組みかもしれませんね。もともと神社庁は庁と付くので、つい行政機関のひとつの様な錯覚をしますが、宗教団体のひとつで総本社は伊勢神宮ですね。
 なにはともあれ、ある時代には重く見られた神社のようです。

手水
  
 この五加神社での結婚式は40年振りの出来事。
 お祭りは年4回行われているそうで、神官は集落の人が行うそうです。
 宮司さんがひとり見えて式を執り行いました。司会は集落の方。三三九度の杯事の巫女さんが二人。多分集落の小学生かな。そして、ちょっと驚いたのが雅楽が七名控えていた事です。生バンドですよ!
 拝殿は窓の無い古い形式で木のざわめきや鳥のさえずりがが祝詞に重なり笙の音が荘厳な雰囲気をかもし出していました。実にいい感じなんだなー、これが。
三三九度

をはら筆
民映研の日常

東白川村結婚式

2011/05/24 Tue 15:40

 5月20日のブログに「当然、三人は商売柄晴れ男なり。キャメラマンが雨男だと商売上がったり。なんちゃって、どうなる事やら。」と書いた。
 結婚式当日は、日本列島に長い梅雨前線の様な前線が横たわっていた。ゆっくりと南下し中部から東日本は雨や豪雨の予報。5月22日の朝の空は、ドンよりと重かった。
 都会的な結婚式ならば、ホテルやホールに隣接するチャペルや式場でちゃちゃっと式を挙げてすっと披露宴会場に移動するので、天気は特に関係ない。晴れ着でやって来る客の足下が悪いだけである。今回は、白川村が田舎なのでそうはいかないなんて話じゃない。
 問題は新郎新婦の指向性で、昔ながらのとか、古式ゆかしくとかに拘りがある。
 その拘りが大きく二つ表れている結婚式なのだ。
 まずひとつが、東白川村には三つの神社がある(小さな末社は除く)。そのうちの新郎宅に近い鎮守で式を挙げたいと云う願い。この神社を五加神社と云う。五加集落での鎮守である。集落中央辺りに長く急な石段がありその上に鎮座する。
看板

聞けば、五加神社での結婚式は40年振りとか!
 もうひとつが、花嫁行列。新郎宅から五加神社まで行列する。
 この二つを実行するには、どうしても雨天では困るのだ。

 で、当日。
 山を越えた隣の中津川市付知町は土砂降りの雨。東白川村はなんとか持っている状態。時折、堪えきれなかった雨粒が落ちて来る。
ギョ列


 新郎宅を花嫁行列は進み、神社での式典も無事にすませ、境内で集合写真を撮影する事になった。
 付知町の土砂降りの雨を見て来た写真屋さんは、事を急ぐ。なんとか、持っている間に撮影を済ませたいと。
 全員での記念写真撮影も雨に邪魔されずに済ました。神官と巫女と雅楽との記念撮影を始める。
 ぽつ。
 ポツポツ。と雨が。みんな並んだ、シャターを切る。ぽつ、ぽつ、ポツポツ。
 「はい!okです、お疲れさま」と写真やの声。花嫁に大きな赤い傘が差し掛けられる。
 とたんに、ぽつぽつぽつぽつ。ぽつぽつぽつぽつぽつぽつぽつぽつぽつぽつぽつぽつ!ざーっと降り出した。
 バケツをヒックリ返した状態の土砂降りの雨。間に合って良かった。

 誰が雨を支えていたのか判りませんが、キャメラマン三人も揃っていながら雨で行列が出来ませんでしたでは、格好悪い事この上なしだったので、まー良かったなり。

をはら筆
 
民映研の日常

お頭付き

2011/05/23 Mon 12:52

 民映研の作品には、結婚式を扱ったものがいくつかある。
 まずは作品No2「アイヌの結婚式」ですね。直球の結婚式もの。作品NO28「秩父の通過儀礼その4」も結婚がテーマ。作品No95「寝屋子」にも結婚式が出て来ます。
 人生儀礼の中で、最も華やかに行われる儀式なのでしょうかね。「お祝い」の王様です。
 お祝いというと、お頭付きの鯛ですね。昨日の東白川村での結婚式にも、山中でありますが、お頭付きが並んでいましたよ。鯛の塩焼き。この鯛とか、お赤飯は持って帰れるように入れ物も用意されています。当然、披露宴会場で食す事なく、お持ち帰りしました。
 帰りの車中、この鯛をどうやって食べるかを話あいました。
 大先輩の伊藤碩男キャメラマンは「帰ったらすぐホグして、後日鯛茶にして食べる」
 先輩の澤幡正範キャメラマンは「鯛デンブにして食べるとおいしい」
 私は「鯛をざっくり骨から外して、炊き込みご飯」
 鯛は日本人は好きですが、やはり「めでたい」の語呂合わせなのでしょうか?白身魚として味が突出している印象はありませんがねー。
 で、持ち帰ったお頭付き鯛の塩焼きは、澤幡案を採用し「鯛でんぶ」にしてみました。でんぶ
甘辛で、ご結婚されたお二人の幸せをかみしめる感じで、おいしいですよ。

をはら筆


《相乗り 追記 byらん》

うちでは素直に炊き込みご飯にしました。

P5231883.jpg

P5231884.jpg


を!まさに尾頭付き炊き込みごはんだ!ワイルドでうまそうなり。
この追記を記入して初めて気が付いた事があります。それは「尾頭」だと云う事。てっきり「御頭」だと思い込んでおりました。尾っぽも頭もくっ付いたって事ですね。あーなるほど。
パソコンで「おかしら」検索をすると「お頭」となり、「おかしらつき」で検索すると「尾頭付き」と現れる。私は「おかしら」でエンターしていたんですね。

をはら筆
民映研の日常

東白川村より帰京

2011/05/22 Sun 23:36

例の三人で東白川村へ行って来た。例のとは、民映研3大キャメラマンの事である。右から澤幡正範、伊藤碩男、小原信之。三大キャメラマン
なかなかに濃い組合せなんですが、細かい話はまた今度。
私は、羽織り袴で結婚式に望みました。民映研事務局長・小泉修吉と記念撮影。
二人
東白川村は村民が「ここはなんにもないところで」と云う通り本当に何もない、それが最高に素敵な場所でした。何処までも透明な水。この川が美しい。鮎が一杯。
で、結婚式はこれまた、素敵な式でした。とてもいい体験をさせてもらいました。この話もいずれきっちり報告します。黒引き
花婿は仙台平に紋付、花嫁は黒引き。これに写真の青い帯をを合わせていました。もう。痺れるほどすばらしいセンス!このセレクトと着付けと結髪に、すばらしい方が関わっていました。この方のお話もまた今度。
とにかく大キャメラマン二人を車に乗せて帰京したばかりなので、今日をここまで。

をはら筆
民映研の日常

上映会計画3

2011/05/21 Sat 00:50

 知らない内に、上映会専用ブログが蘭氏により立ち上がっていた。このブログへのリンクの張り方が判らないので、URLを載せておきます。5日分の6作品の解説があります。
(*直しておきましたbyらん)

「みる・きく・感じる 映像みんぞく学」専用Blog

民映研上映会
「みる・きく・感じる 映像みんぞく学~昭和に忘れてきた、懐かしくて新しい日本~」
6月29日から7月3日
渋谷区神宮前KINEATTIC 
20時上映開始、遅れる事なかれ!来れ若者、急げ若者。先着順入場、予約制なし。満席御免!

をはら筆
民映研からのお知らせ

東白川村

2011/05/20 Fri 23:58

さて、明日は3キャメラマン相乗りで東白川村へ出掛けます。
天気がよければいいのですが、花嫁行列は日曜ですから、明日は雨でもいいのですが・・・。
当然、三人は商売柄晴れ男なり。キャメラマンが雨男だと商売上がったり。なんちゃって、どうなる事やら。花婿の根性はいい感じで曲がった人だから、ちょっと不安。神様はいろいろと見ているからねー、侮れない。

をはら筆
民映研の日常
 | HOME | Next »
バナー旧太田家新作報告 バナー対論日本3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。