スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
テレビで東日本大震災大津波の被災地の幼稚園児に将来の夢を尋ねていた。
「自衛隊に入って人を助ける仕事がしたい」との答え。そうなんですよ、この位の子供は働きが明快に分かる仕事が一番かっこ良く見えるんです。映像業界で考えると、スタジオで仕事をしていると子供は必ず「照明さんがいい」といいと言うんです。実際、他のスタッフがじっと待っている中、汗だくで縦横に働くのは照明担当者たちナノです。そりゃーね、キャメラの横に座ったまんまの私なんかに、あーでもないこーでもないと言われて手直しを繰り返したりする訳ですよ。私の印象は悪くなり、働き者は憧れられるって事なんです。
 今日は「新編・粥川風土記」改編 の三つ目の作品「シシ垣」を編集しました。
 粥川は田畑地はとても狭い。目の前は粥川で背後にはすぐ山。その山からイノシシ、シカ、サル、クマなどが農作物を狙ってやって来る。なんとか被害を受けないように、石垣をつくりトタン板で塀を作り田畑を囲って守って来た。自然と共存しながら、自然と闘って来た。自然はしっかり向き合わなければ、人間なんてペシャンとやられてしまうのです。作っても作っても野生にみんな食べられてしまうのです。
 テレビで94歳のおばあさんが「二回津波にやられてやり直して、また津波にやられた。何もなくなった」と言っていた。おばあさんは自然をバカになんかしてないでしょ。きちんと向き合っていたと思いますよ。でもやられちゃうんですね。
 やられてもやられても向き合っていくのが、人なのでしょうか?津波にやられてしまいましたが、3回目のやり直しを始めるんですよ、おばあさんは。5歳で人を助ける仕事に目覚めた子供が明日を支えてくれますね。せめて、その子らがきちんと大きくなれる社会を用意してやらなければ。
をはら筆
 
スポンサーサイト
映像作品から

こもごも

2011/03/30 Wed 18:02

 津波は被害が大き過ぎて、その全容は未だに分からない。津波災害の陰で報道されない被害が東北内陸や長野県北部にもあるようだ。
 間もなく、震災から3週間になろうとするのになかなか進展している感覚になれないのは、偏に人災原発事故のせいだ。過去の原発事故でもそうであったが、情報が性格にタイムリーに提供されない不快感は大きい。民映研事務局長である小泉修吉さんは、鎌仲ひとみ監督と反原子力の映画をいくつも作っている。昨年「みつばちの羽音と地球の回転」という中国電力が山口県に建設する原子力発電所に関わる映画を発表したばかり。この震災を受けても工事は着々と進んでいるらしい。
 今日、浜松町で岩田まき子キャメラマンと会った。新たに私が新たに編集作業する素材の受け渡しのため。岩田さんは民映研の作品にも助っ人キャメラマンで登場する女性。岩田さんは鎌仲監督とコンビが長い。今日は小泉さんプロデュースの新作の試写があったとか。長野県佐久で進めていた作品。詳細は知らない。澤幡キャメラマンも参加していて「試写にいたよ」と言っていた。記録映画業界はそれほど広くないので、何となくいろいろな輪が重なる。人の輪は必ずどこかで誰かと繋がっている。
 東日本大震災大津波の影響で、映像業界にも経済津波が来そうな気配。なれど、着々と新作は生まれる。同時に、今回の事態を様々な視点で捉える作業も動き始める。
 さて、民映研は何をするかな、しようかな。
をはら筆
民映研の日常
「新編・粥川風土記」改編の短縮版編集作業の続きを行う。84分から三つの部分をそれぞれ2分30秒の短編にするのですが。これが、なかなか、そう簡単な話じゃない。かなり思い切りが良くないと先に進まない。ぐちぐちなんだかんだと欲をかいているとだめなんだな。その点私は理想的な性格で、ばっさり切り捨てる事が出来る。
 選ばれたパートは「きんま」と「いかだ」と「シシがき」。きんまは14分、いかだは28分、シシがきは16分。このままでも十分短編映画になる。今日はきんまといかだが完成。
 「きんま(木馬)粥川風土記より」は小酒井貫一おじさんが、林道から遠く、荒れてしまった山を一人で間伐し材を下へ降ろすきんま道を作り降ろす話。鉄道の線路のような物を間伐材を利用して延々と作る。その上を木ソリに乗せた間伐材を滑らせて運ぶ。まあ、気の遠くなるような作業である。微妙な勾配を付け余計な力を必要とせず、暴走もしないように作られているきんま道。凄い知恵とテクニック。
 「イカダ流し 粥川風土記より」は山から伐り出した材木を長良川に集め、イカダに組み立てて美濃の関まで流した技術の再現。丸太を6本と5本を集めたイカダを縦に三つ連結してひとつとする。前後に櫂があり船頭は二人。太い藤づるを裂いたもので結束。丸太は重量物だからトラックがない時代は、川に浮かべて運ぶのが理想的だったのだろうが、瀬など浅くて波立つ場所の通過には勇気がいる。凄い度胸とテクニック。
をはら筆
映像作品から

「たけやねの里」完成試写

2011/03/28 Mon 17:29

 何度かブログでも話題にした青原さとし監督作品「たけやねの里」が完成し試写が行われたので出掛けて来ました。
2時間に近い大作!その感想は「長げーだろ!」です。民映研の所長姫田に師事し学んだだけのことはあり、思いが溜まり過ぎて、作品を切りきれないのだろうか。そーねーあと40分は切れる。せめて20分は切りたい。頼むから10分短くしてくれ!って感じです。
 タケノコの皮で始まる映画ですが、なかなかどうして広がりは果てしない。あまり研究されている分野ではないようで、手つかずで消え去ろうとしている様々なものが記録されていました。
 群馬高崎在住の前島美江さんを軸に話が始まるので、民映研も登場し、若き所長姫田や「森聞き」の吉野奈保子さんの少女のような写真とかが登場します。前島美江さんの活動の起源が民映研の奥三面民俗調査にあるからの事です。みんな若かったなー。
 公開までには、まだ多少監督の手が入りハサミが入り完成度はもっと高くなると思います。なんと言っても青原監督は公開後も編集作業をして、初日に観た人と楽日に観た人ではエンディングが違うなんて芸当が出来る人ですから、楽しみです。そうそう、音楽が良かったです。特別にこの作品の為に作曲されたものではありませんが、「頭脳警察」という成田世代には有名なロックバンドのメンバー石塚さんの楽曲が利用されています。音楽を文章で表現できる感性もボキャブラリーもないので、なんとも言えませんが、とっても良いです。いい雰囲気。これも楽しみにして下さいませ。公開情報は追ってお知らせ致します。
をはら筆
民映研の日常

「新編・粥川風土記」改編

2011/03/27 Sun 10:40

民映研製作の長編記録映画『粥川風土記 -岐阜県郡上市美並町高砂-』は2時間42分の長編。所長姫田の作品としては久しぶりの大長編作品。その作品はDVD化と共に短縮版を編集しました。監督の思いが強く些か長い作品は申し訳ありませんががっつり切らせて頂き、84分にしました。それが「新編・粥川風土記」です。その新編・粥川風土記に再びハサミを入れる事になりました。
 長編記録映画「越後奥三面 山に生かされた日々」も今風に呼べばスピンオフ作品があります。「奥三面の「ドォ」つくり」「奥三面の熊オソ」「山人の丸木舟」「ぜんまい小屋のくらし」の4本の短編がそれです。これらと同じように「新編・粥川風土記」からのスピンオフ作品を作ります。これは展示映像として利用される予定のもので2分30秒の長さです。昨日「きんま」を主人公にした作品を作りました。これから「筏」を主人公にしたものを作りまーす。
をはら筆
映像作品から
先日お知らせしました、4/9(土)~22(金)大阪シネ・ヌーヴォXの上映
特集『アイヌ・ネノ・アン・アイヌ』のチラシが入手できる場所をご紹介します。
お立ち寄りの際は、ぜひ手にとってご覧くださいませ。

≪大阪≫
国立民族学博物館(みんぱく)梅棹忠夫資料室(吹田市千里)

箕面・市民のひろば(箕面市坊島)

箕面市立郷土資料館(箕面市箕面)

PHOTO Gallery Sai(大阪市福島区)

應典院(大阪市天王寺区)

雑貨屋 スイミー(大阪市北区)

≪兵庫≫
シネマカフェ&バー MAKO(神戸市中央区)

TANTO TEMPO ギャラリー(神戸市中央区)

≪京都≫
オーガニックカフェ&ギャラリー 東西南北(京都市左京区)

京都大学総合博物館(京都市左京区)

京都円山 お宿吉水(京都市東山区)
民映研からのお知らせ
福島で撮影された民映研の記録映画について、お問い合わせがありました。
ブログにも掲載させていただきますね。
『からむしと麻』は、4月8日(金)銀座吉水にて上映予定です。


より大きな地図で 福島県で記録した民映研の映画作品 を表示

作品5『奥会津の木地師』
(1976年/55分/自主制作/福島県南会津郡田島町針生)

作品35『金沢の羽山ごもり』
(1983年/36分/福島市教育委員会委嘱/福島県福島市金沢)

作品49『田島祇園祭のおとうや行事』
(1984年/50分/田島町教育委員会委嘱/福島県南会津郡田島町)

作品63『からむしと麻』
(1986年/55分/自主制作/福島県大沼郡昭和村大芦・大岐)

作品69『茂庭の炭焼き』
(1989年/32分/建設省東北地方建設局摺上川ダム工事事務所委嘱/福島県福島市飯坂町茂庭梨平)

作品70『奥茂庭―摺上川の流れとともに』
(1989年/52分/福島市教育委員会委嘱/福島県福島市飯坂町茂庭・屶振・梨平・名号)

作品80『麟閣―千少庵の茶室』
(1990年/11分/会津若松ライオンズクラブ委嘱/福島県会津若松市)

作品85『茂庭のしなだ織』
(1991年/31分/建設省東北地方建設局摺上川ダム工事事務所委嘱/福島県福島市飯坂町茂庭)

作品89『茂庭の焼き畑』
(1992年/40分/福島市教育委員会委嘱/福島県福島市飯坂町茂庭屶振)

作品92『茂庭のくらし―狩猟・漁労・採集』
(1993年/52分/建設省東北地方建設局摺上川ダム工事事務所、福島氏教育委員会委嘱/福島県福島市飯坂町茂庭)

作品56『わたしたちのまち・自然・いのち』
(1985年/34分/トヨタ財団委嘱/長崎県長崎市・宮城県気仙沼市・青森県上北郡天間林村・東京都世田谷区)

作品57『陸奥室根の荒まつり』
(1986年/57分/室根村教育委員会委嘱/岩手県東磐井郡室根村/宮城県本吉郡唐桑町舞根)

(文・事務局C)
映像作品から

日の目を見る6

2011/03/24 Thu 16:14

蘇り1
 2010年所長がひょんな事からひょんなものを拾って来た。
 20年前に火災罹災した日本民家園の旧太田家。復元作業の隊長・中村棟梁は張り切って仕事し無事に罹災する前の状態になり、20年の歳月がいい感じに作用して罹災した事など忘れて17世紀から川崎に建っていた様な佇まいでそこにあります。
 その復元作業を民映研は中村古建築と共同で、民家園の協力もあり映像記録してきました。しかし、記録したで時間は止まりました。映像制作の作業には大きく二つの行為に分ける事が出来ます。先ずその1は何か撮影対象を見つけて撮影するまで。その2は撮影された素材を編集し映像作品として観られる状態にするまで。今回の旧太田家は「その1」で作業が止まってしまいました。理由はただ一つ、経済的な問題です。そのまま、だんだんじわじわ人々の記憶から薄れて行き気が付けば20年の歳月。
 放射性物質にも半減期がそれぞれにあり、だんだんじわじわ放射線等は減って行きます。世の中、大概はそんなルールで動いています。いつまでもしつこく覚えていてもしょうがない事はたくさんありますしね。忘れては行けないと言われた事も、忘れてしまうので、人間は性懲りもなく戦争を続けてしまうのです。
 しかし、民映研には、その世間のルールが通じない人物がいます。所長の姫田です。記憶力がいい。執念深く様々な事を覚えている。その所長の記憶の片隅には、いつも途中で止まっている作品の事があるのです。いやいや、あるらしいのです。旧太田家の事もそうでした。
 で、ある時川崎市長と所長が出会いました。そこで所長はかくかくしかじかと旧太田家の差材が中に浮いている話を持ちかけたそうです。「ほー」と市長も呼応し映像制作の「その2」を実行する予算を捻出する約束をしてくれたそうです。自治体の扱う金額で考えればそれほどのものではありませんが、それなりの予算を必要とするのです。所長と市長が出会ってからしばらく時間がたち、あれあれ、またまた人々の記憶からそんな出来事も消え去ろうかと思う頃、突然具体的になった旧太田家の記録映像制作の話が川崎市からやってきました。
 「うあわー」そりゃーやりますよ。その1で止まったままなんて駄目ですから。でもアナログベーターカムで収録したテープが58本あります。この20年前の素材を誰が構成編集するのか。それが問題である。
撮影したのは、カメラマンの伊藤さん澤幡さん村松さん。演出は所長と青原さん。5人のスタッフがいます。まず撮影の村松さんは、当時は助っ人カメラマンとして民映研の作品に多く関わっていた方ですが、主要スタッフではないので×。青原さんはこのブログでも書いている通り、広島在住で「たけやね里」など自身の作品に取り組んでいるので×。伊藤さんは民映研をリタイアしているので×。澤幡さんは構成編集の仕事を基本的にやらないので×。所長は構成も編集も出来ますが最新機材に疎いので誰かがオペレートしなければならないので×。撮影に参加した5人のスタッフは現時点では全員×。おー、どうするのよ!現状で民映研で構成編集作業が出来るのは、先頃退所した今井さん、姫田蘭さん、をはらの3名。今井さんは仕事もあり×。蘭さんかをはらかと選択肢はどんどん狭くなる訳です。で、私が構成編集を担当する事になりました。
 民家園に展示されている旧太田家を見学した事もなく、20年前に撮影を行っていた事自体を知らない私ですが、撮影済みの素材を編集する事は出来るのです。ただし、今更素材を膨らますというアイデアはありえません。工事は20年前に終わっていますから、再撮もなし。あるものだけで勝負する訳ですね。
 ところで、抜群の記憶力でこの編集作業を生み出した所長ですが、なんでもかんでも記憶している訳ではありません。だってなんでも覚えていたら脳みそばーんですよ。まあ、早い話が自分に都合の悪い話は適当に忘れていますが。あーもちろん所長は否定する話ですが。・・・つづく
をはら筆
映像作品から
2011年4月9日(土)~22日(金) 大阪シネ・ヌーヴォXにて、
アイヌ映画特集(記録映画5作品上映)を行います。

民映研は、本上映収入の「少なくとも半分」を東北関東大震災の復興義援金に充てます

また関西方面(大阪・兵庫・京都・奈良)で、以下ご協力いただける方も募集いたします。
(※リンクをクリックで参加方法を表示。賛同いただける方、よろしくお願いいたします)
1. チラシの設置と配布 / 2. 上映情報の告知と掲載

現在、中央共同募金会や日本赤十字社等の義援金募集期間は9月末となっておりますので、
上映終了後にいずれかの窓口へ事務局が責任を持って振り込ませていただきます。

報道や募金の動きが少し減っているかもしれない頃、
少し先の、復興期のための基金をと考えております。

シネヌーヴォ表 シネヌーヴォ裏


民族文化映像研究所 ・『TOKYOアイヌ』上映実行委員会共催 アイヌ映画特集
「アイヌ・ネノ・アン・アイヌ1971-2010―人間らしくある人間―」

雄大な自然、アイヌモシリ(アイヌの静かな大地)に呼応するアイヌの姿は、美しく、時に厳しい。
その姿と歴史の足どりが、わたしたちの心に大きな光を投げかけている。
いま、語りかける先住民アイヌの精神に目と耳をすます、記録映画5作品を公開。

【 会場 】


シネ・ヌーヴォX (大阪市西区九条1-20-24/TEL:06-6582-1416)

【 上映作品 】


〔A〕『TOKYOアイヌ』
 2010年/116分/『TOKYOアイヌ』映像製作委員会

〔B〕『アイヌの結婚式』
 1971年/33分/民族文化映像研究所・グループ現代
 『沙流川アイヌ・子どもの遊び』
 1978年/51分/民族文化映像研究所

〔C〕『チセアカラ ―われらいえをつくる』
 1974年/57分/民族文化映像研究所・グループ現代

〔D〕『シシリムカのほとりで―アイヌ文化伝承の記録』
  1996年/152分/民族文化映像研究所

【 上映スケジュール 】


▽4/9(土)・11(月)・12日(火)…〔A〕10:40/15:55 〔B〕12:55 〔C〕14:40

▽4/10(土)・13(水)‐15(金)…〔A〕10:40/15:55 〔C〕12:55 〔B〕14:10

▽4/16(土)…〔A〕10:20 〔D〕12:35 〔B〕15:30

▽4/17(日)…〔A〕10:20 〔D〕12:35 〔C〕15:30

▽4/18(月)‐22(金)…〔A〕10:20 〔D〕12:35

【 料金 】


〔A〕TOKYOアイヌ…一般1,500円/学生1,200円/シニア・会員・高以下1,000円
〔B~D〕民映研作品(1プログラムにつき)…一般1,200円/学生・シニア・会員・高以下1,000円
   (※TOKYOアイヌ半券提示で1,000円)


協力募集


1. チラシの設置と配布
▽対象
 関西方面(大阪/兵庫/京都/奈良県)で、学校/文化施設/カフェ等
 人が集う場の運営に携わっておられる方。
 ※現在ご協力いただいている(チラシが入手できる)場所はこちら
▽申込
 必要部数・お名前・ご連絡先・施設名/郵便番号/住所/電話番号をお知らせください。
 現在1000部ほどご用意があります。(各30~100部で受付)

2. 上映情報の掲載
▽対象
 関西方面(全国対象含)への伝達手段をお持ちの方。
 出版/放送/web等、会報やご友人へのお知らせも含みます。
 個人でのメール・twitter・BLOG等への転送転載は自由です。
▽申込
 お名前・ご連絡先・種別(出版/放送/web)・媒体名・発行予定日をお知らせください。

◆上映内容の詳細は下記PDFをご参照ください。
 【チラシ表】http://p.tl/IKsj  【チラシ裏】http://p.tl/g0ah

◆いずれも下記の宛先までご連絡ください。
 事務局 【 Email 】mineiken.desk@gmail.com  【 fax 】044-986-6462



東北地方・関東以北に在住の方のみならず、今は日本中どの地域にお住まいの方も
みなさん、震災の影響を肌に感じておられるのではないでしょうか。

この状況下で、人の集まる場を持つことができ、
映画を上映できることが、とても貴重な機会に思えます。

と同時に、アイヌ文化に触れる機会が比較的少ないと思われる大阪・西日本で、
ささやかではありますが、ある数の記録をご紹介できることに喜びと期待を抱いています。
>>続きを読む・・・
各地の上映会&講演から
地震から1週間以上が過ぎました。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

●2011年3月26日(土)
アチック・フォーラム(神奈川・民映研事務所)


●2011年3月26日(土)
『越後奥三面第二部』上映(長野県・大鹿村交流センター)


上記ふたつの上映は中止となりました。

計画停電の実施予定にあたる時間帯となっており、直前まで見通しがつかないため、
交通機関の運行状況や余震等の影響も見合わせて中止とさせていただきました。

4月以降の上映についても様子をみつつ、お知らせしていく予定です。
みなさまにはご迷惑をおかけしますが、ご理解ご協力賜わりますよう
何卒よろしくお願い申し上げます。

(文・事務局C)
民映研からのお知らせ
 | HOME | Next »
バナー旧太田家新作報告 バナー対論日本3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。