スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

豊松2

2011/10/25 Tue 01:52

豊松での「日本山村会議」は無事に満足と共に閉幕した。

 元豊松村には、宿泊施設はなく、大勢の人を他所からわざわざ呼びイベントをするなんて事は他人事で、まさか自分たちがそれを主宰するなんて晴天の霹靂であって、始まってからも俄には信じ難いのだった。
 豊松に暮らすものにとって、他所からわざわざ豊松に泊まりがけで来て何をみたいのか?何が知りたいのか?豊松には何にもない。人口も減ってる。高齢化社会。限界集落。何にも見せるものなんかない。ともかくここには「なんにもないんだよ」と、この事であった。

 民映研の仕事に限らないが、映像の仕事とは取材される人々にとって実にイレギュラーな存在。日常から非日常へと空間が歪む。カメラがいると普通がなくなる。それこそ民映研以前、宮本常一さんが日本を徘徊していた頃も旅人・宮本さんはイレギュラーな存在だったと思う。ただし、娯楽も少ない時代の事、それは楽しみや喜びのエッセンスが多いイレギュラーだっただろうと推察する。つまり、知らない人間が訪ねて来て色々と話が出来る楽しみ。
 ところが高度成長期を通り過ぎようと言う頃から、カメラで撮られるとたいへんな事になると皆に知れ渡ってしまった。幕末ではないのでさすがに命が縮むとかは思わないが、自分が写った映像が笑いの種になる事を知ってしまったのだ。だから、出来たら写りたくないと考える人が女性を中心に増える。それでもカメラは人々に近づいていくのだ。
 カメラを甘んじて受け入れても、出来るだけ笑い者にならないように気をつけながら撮影されていた。それなのに撮影者たちは「普段通りにしていて下さい」なんて勝手な事を要求する。ばかも休み休み言えって事だ。これこそがイレギュラーな瞬間。
 しかし、レギュラーな空間にイレギュラーが入り込むと、様々な発見も生み出すのです。それは撮影者である私たちの事ではなく、まさにイレギュラーな状態に追いつめられた撮影される被写体たる人々の心境にです。それまであまりにも当たり前で、そこにいると気付かない色々な事にイレギュラーな状態では気付くのだ。
 「当たり前」とはある小さな範囲での価値。井の中の蛙的な価値でしかない。日々の仕事や毎年の祭りなど、そこの人々にとっては当たり前であり珍しくもないもの。それが別の価値観では新鮮で珍しく楽しく学びの多いモノだったりするという新しい価値をイレギュラーは運んで来る。それが撮影隊がもたらす、唯一といってもいい位の効能。

 それと同じ事が、豊松の第八回山村会議実行委員会メンバーに起きた。
 新しい価値がある事を知った。自分たちが当たり前で珍しくもない数々のモノを新しい視点で眺める方法を参加者から学んだ。実行委員会メンバーにとって山村会議参加者は「イレギュラー」なモノだったのだ。
 ともあれ、準備段階では山村会議をやる意味さえ疑問だった人が「やって良かった」との感想をもらしたのだ。
 なんでも、取り敢えずやって見なければ分からないんだなー。
をはら筆
スポンサーサイト
民映研の日常

アチック三人娘

2011/09/09 Fri 11:30

昔むかし、新宿一丁目に怪しい集会所がありました。週に一回、夕暮れときにぞろぞろと若者が参集していました。そこは、皆で集まり、映画観て、語り合い、酒を酌み交わし、笑い、喧嘩する場でした。
そこの集会所は「アチックフォーラム」と呼ばれ、常連の人々も大勢いる不思議な空間だったのです。
常連の中に、仲良しになった3人の女性がいました。三人娘は新潟県奥三面の民俗調査や植生調査などにも入ったりする仲間になりました。
現在の三人娘は、一人は新潟県魚沼郡辺りで、米作りに精を出し、ひとりは出版業界で活躍しています。
もう一人は、群馬県高崎で竹皮編み細工の職人になりました。
高崎はかしろ竹と呼ぶ白竹皮を使った細工の本場です。でした。
でしたとは、現在ではアチックの三人娘の一人だった、前島美江さんその人しか職人がいなくなってしまったからです。高崎の竹皮編みの材料は、群馬県では調達出来ません。かしろ竹は日本中でも稀な存在で、九州の八女でしか育成されていないからです。八女で取れた竹皮を八女で消費せずに、関東の高崎まで運んでいたのです。
その八女の竹薮が台風にやられてしまったり、育成者の高齢化後継者不足で、荒れてしまったのです。そこで2006年前島美江さんは「かぐやひめプロジェクト」を立ち上げ八女の竹薮の再生に尽力始めたのでした。
その活動とかしろ竹の歴史と製品の様々を追い掛けたロードムービー的映画が完成したのです。監督は、民映研所員だった青原さとし。映画「タケヤネの里」です。タケヤネとは、八女辺りで竹薮の事をそう呼ぶのです。

来る10/7金曜日、高崎市の高崎聖オーガスチン教会内ギャラリーで先行上映会が行われます。料金は2000円。ドリンック。生ビール付き!(NPO工房あかね 027-321-7020)
高崎上映会チラシ


アチックフォーラムに集いし若者たちは、様々に活躍しています。民映研の映画でつながった輪は意外と丈夫です。色々諍いも起こり易い場でしたが、みんなが大人になると、当たらず触らずの距離感の取り方上手になり、近よりもせず離れもせずの距離にいるのです。初期から中期のアチック仲間は、今はもうアチックを直接必要としていませんが、経験と共に近い所にいたりします。その延長線上の集まりが「タケヤネの里」上映会かも知れません。是非ご参集の程よろしくお願い申し上げます。

をはら筆


民映研の日常

お囃子

2011/09/06 Tue 12:01

お囃子はお祭りになくてはならないもののひとつ。笛、太鼓、鉦が基本のスタイルですね。
囃子、当然「囃す」でしょうね。
町内毎に山車や屋台に囃子連を乗せて練り引き回したりします。それぞれが違う調子とテンポで演奏し囃子で争ったりもします。
それぞれの囃子にはいくつもの題名があり、長く伝えられたもののようです。

その各町内のお囃子を完全記録する仕事がありました。民映研の仕事ではありませんが民映研チームが雁首揃えて出掛けて来ました。

室内でお囃子を演奏し映像記録する。音だけではなくからだの使い方の記録も重要なのです。

一曲は5~10分程。しかし、完全と云うからには間違えられない。これが難しい。
音楽演奏のプロ、つまり職人じゃないから完璧な仕事繰り返せない。

そりゃー普段は祭りのエネルギーに巻き込まれての演奏をする人たちです。ちょっとのミスが問題ではない。祭りの屋台囃子としての大きなうねりが大切なんです。

今回の記録作業には、うねりを準備出来なかった。というか、準備出来るものではない。つまり、完全に記録しようなんて無理難題に近いのだと思いました。

全体を見ずに、部分を見たがってる感じでしょうかね。それにも大切な事はあるのですが。

をはら筆

民映研の日常

鋳金

2011/08/27 Sat 11:16

平成22年度 工芸技術記録映画「鋳金 大澤光民のわざ」(グループ現代製作)の試写を観て来た。
鋳金とは鋳物を造る事。鋳物とは鉄等を溶解して型に流し込み成形する技。
関東で鋳物が有名な所は川口。吉永小百合の「キューポラのある街」の舞台。キューポラとは鉄をコークスで溶解する炉の事。和名は「甑」です。
映画「鋳金」の舞台は富山県高岡。古く鋳金が盛んな場所だそうです。職人大澤光民さんが実に複雑な工程の鋳物の花瓶を造る様子が記録されている。
民映研にも鉄関係の作品はいくつかありますが、鋳物と言えば作品No44「川口の鋳物師」でしょうかね。
川口の鋳物は砂型という砂を固めて型を作る方式です。メス型自体は砂なので一回毎に壊れてしまいますが、容易に型を作る事が出来るので量産に向いているようです。
映画「鋳金」では、焼型鋳造法での作業が記録されていました。これは型を高温で焼いた粘土で作ります。ですから砂型のような作業効率にはならず、一品物向きで、尚且つ高度な表現に向いた技法のようです。
鋳金は外型(メス)と中子(一回り小さなオス型)との隙間に溶かした鉄を流し込み成形します。とても私の文章力ではこれ以上表現出来ませんが、実に繊細な作業なんです。その上今回の鋳金作品はステンレスと鋼線での柄を入れるために二回鋳金を行う複雑な作業工程でした。
ものすごく面白い作業なんですが、とっても複雑で鋳物の基礎知識がないとそう簡単には理解出来ない。鋳物についてはかなり理解がある私でさえ、その作業を理解するには、かなり頭が混乱しました。

文化庁の企画の仕事で、この映画は35ミリフィルムで撮影しなければならないという決まりがあるそうです。
現在主流のハイビジョンカメラに比べると、数倍の大きさと重量のあるカメラを使用します。35ミリフィルムで撮影するとハイビジョンカメラの映像よりも遥かに艶のある奥行きのある映像を撮る事が出来るのです。その差は歴然です。具体的な理由はまた別の機会に譲ります。
しかし、艶やかな映像を手に入れると同時に失うものもあります。
それは機動力。手軽に扱える大きさではなく。撮影設計をしっかりと立てて計画的に作業しなければなりません。つまりイレギュラーには弱い。事前取材では理解出来ずにいた事が、実際の作業を前にすると様々な気付きが生まれ、それを突発的に撮影するのもドキュメンタリーの醍醐味です。それが簡単には行えないのが35ミリカメラ。
時間との競争で作業が進む場面では、撮影のために作業を止める事は出来ません。撮影対象の作業と息を合わせて動かなければなりません。しかも、最もその作業が理解し易いカメラポジションを選択しなければなりません。それが簡単には行えないのが35ミリカメラ。

民映研の作品はと言えば、民俗学的視点に立っているのですが技術伝承マニュアルかと思う程に「作業」をしつこく撮影しています。上か下から中身まで、執拗に覗き込みます。より大きく写そうとクローズアップも多様される傾向にあります。伊藤碩男キャメラマン直伝の世界観でしょうか。
それを思うと「鋳金」の突っ込みはちょっと物足りない。それこそが35ミリカメラの短所なんだと感じました。

「鋳金」のキャメラマンは民映研作品も良く取っている堀田泰寛氏。民映研作品No35「金沢の羽山ごもり」作品No50「越後奥三面」などのキャメラです。奥三面の撮影現場で「姫田さん、まず空気を撮りましょう」と言った名言が民映研の歴史に刻まれています。奥三面本編にも、その空気が写った場面が入っています。
今回の「鋳金」にも空気は写っていました。圧倒的な技術力です。後輩キャメラマンとして感服しました。
撮影設計がしっかりと作られていて照明も良かったです。でも、もうちょっとクローズアップで見つめてもらいたかったかな。
「鋳金」の監督は、民映研設立メンバーであり現事務局長の小泉修吉。小泉さんは経営手腕もあり、プロデュース能力が高く様々な作品を手がけていますが、本人も映像表現者なんです。民映研ではプロデュースに徹していますが、監督作品が数多くあります。
「鋳金」の製作を行った鈴木正義さんは古く民映研作品に関わって来た人。
「鋳金」の語りは、民映研作品ではお馴染みの糸博さんが担当。安定感がありながら、場面を牽引して行く語りが出来る職人です。
「鋳金」の脚本は、元民映研所員の今井友樹。今井さんは小泉さんから「鋳金」の企画書執筆のチャンスを与えられ見事に企画を通した強者。まだまだ、へなちょこな若者ですが、前途有望多難。楽しみな人物。

をはら筆
民映研の日常
前任の事務局Cです。

厳しい暑さが続いていますが、暦の上では秋。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。
残暑お見舞い申し上げます。

民映研も8月は夏休みということで、
例年通り定期上映アチック・フォーラムを
おやすみさせていただいております。

が、久しぶりに福岡で民映研作品の上映があります。
また、所長・姫田は日本映画大学で講義を行います。

さて、冒頭に「前任」と書きましたが、
私6月をもって事務局を退職いたしました。
諸般の事情により急な決定となりました。
ご報告が遅れましたこと、ご迷惑おかけしたこと、
この場を借りてお詫び申し上げます。

民映研作品に初めて出会って3年、
会社員生活の傍ら勝手に押しかけて半常駐で
メルマガ発行やブログ更新させていただいて2年、
所員として事務局に就き1年、大変お世話になりました。
今後も民映研の同人(?)として参加させていただけたら
と思っております。

そして、急なバトンタッチにも関わらず、
どーんと事務局の仕事を引き受けてくださったのが
新任の事務局、中川美帆さんです。

一筋縄ではいかないのが、民映研事務局!
でも明るく楽しく、お仕事してくださっています。

民映研事務局ってどんな仕事かというと…
事務局長・小泉さん&民映研役員のもと

●日々の金銭管理や記帳・起票、月末のお支払い、
年末調整に期末の決算処理といった経理事務。

●事務所の備品管理や契約書管理、電話や接客対応、
役員招集や議題提案、登記、福利厚生といった総務事務。

●上映会ではセッティングから、資料の作成や発送手配、
遠方の場合には宿泊交通手配と予算管理、広報、当日の記録。

●映像・図書販売物(一部の作品はDVD化されていて
今はこちらがメインですが、じつはフィルムならば、
ほぼ全作品の対応が可能…!)の問い合わせ対応や発送。

●その他、映像や図書資料・図版や写真資料の使用許可や
貸出などへの対応。もちろんメールや郵便物の整理も担当。

さらに、ヤル気次第でアチックの上映作品候補を考えたり、
民映研通信の構成や原稿を提案して姫田さんや編集・岩井さんと
打ち合わせをしたり、書き起こしをしてみたり、発送事務があったり、
メルマガについでTwitterを始めてみたり、webの更新を依頼したり、
制作があればサポートにまわりつつ、進行管理をしたり…。

これを一人でこなすわけですが、どの仕事も深めればどこまでも深められ、
また挑戦したいことがあれば、どこまでも拡がりのある仕事といえます。

なんといっても一番の財産は、人との出会いの窓口にいるということ。
素敵な方やOBが来所されれば、「あー、お話を聞きたい!」と思いつつ、
ICレコーダーにまかせて事務室でパソコンと睨めっこ、という日もママあります。
民映研の「今」をもっともよく知っているのは事務局!!
と言っても過言ではありません。たぶん。
(辞めた今だからこんなことが言えるのですけど…)

そんな民映研の「今」をお届けする、民映研のTwitter公式アカウントはこちら
(Twitter風に言えば、なう!…でしょうか)

もう少し落ち着いたら、メルマガやTwitterでも
事務局・美帆さんの声が届くようになると思います。
民映研をよろしくお願いいたします。

さて、ところで小原さんが書かれた前回の記事、面白いですね。

西と東の町の成り立ちについての考察ですが、
これと小原さんが関係したつい最近の作品から
思い浮かぶことがありませんか?

そう、9月30日に川崎で上映会を予定している
「旧太田家住宅」の記録です。

この復旧修理工事の過程で、建築構造を
「ろ通り」などの通り名で呼ぶ場面や図が、
繰り返し登場します。

この通り名は、宮大工の技術と知恵であり、
その発生に深く関わりがあります。

宮大工という技術集団はどこからきたのかしら?
わたしたちの祖先とはどんな関わりがあるのかしら?
なんて思い巡らせながら観ると、一層興味深いのです。

そういえば、小原さんに以前「宮大工の技術は
もともとそれだけの職能ってわけじゃなくて、
ごく普通の庶民たち、町の棟梁たちだってよーく
知っていて、立派な家を建ててきたんだよ(お前は、
そんなことも知らないのか。しょうがねえな~)」
というようなことを言われた記憶も…。

長くなりましたが、みなさんよい日をお過ごしください。
鶴川の家々には盂蘭盆会の送り火のあとが、点々と残っています。

(文/前事務局・同人C)
民映研の日常

町割り

2011/08/08 Mon 12:05

関東人には理解しにくい仕組みに、京都の住所表記がある。「四条河原町上る」とか表現されている。関東人には何となく風情を感じて平安から続く町は何か違うんだなと思ったりする。
しかし、住所を頼りに目的地を探そうと思うと、なかなか思うようには行かない。
東京なら、例えば港区というある範囲。南青山と云うもっと小さな範囲。丁目と呼ぶもっと分かれた範囲。そして番地がある。その番地の中に号番号が付く数軒から数十軒の家屋が建っている。番と号は大概右回りで指定されていて、ある号から右隣は数字が増え、左隣へ進むと数字が減る。丁目は東京の中心皇居に近い方が一丁目。そこから順に離れながら数字が増えていく。
つまり、東京の番地指定は「面」で構成されているのです。「田」の字の外周が町名。四つの四角が丁目。この丁目の中にまた田がある。今度の田は外周が丁目。四つの四角が番地。その番地の中に号に分かれた家屋が配置されているのです。
ですから、お祭りなど町内で神輿を出したり、山車を出したりするときにはひとつの四角にひとつの神輿となります。
つまり、我が家を出て道路を挟んだお向かいさんは別の町内で、別の神輿を担ぐのです。場合によってはライバルであります。

ところが、京都や奈良などの平安ながらの地割りの地域はルールがまったく違うのです。
ですから、東男にはまったく分からないのでありました。

京都の町家式町割りの基本は面ではなく筋である事。筋つまり道路です。
ご存知のように町家はうなぎの寝床状態で間口よりも奥が異様に深い。道路の面した部分の長さで課税されたので、正面を狭く、奥に長ーい建物になったとか。
その筋に面した両側が同じ町内。通りから通りへの道路に面した家屋は同じ町名です。ですから、河原町の右側左側何番と表現されるのです。
しかし、右左だとどちらから眺めた時の右なのか左なのか分からないので、東西南北碁盤の目に都市計画された京都では北を上る南を下ると表現したのです。

そんなこたー知ってるよって輩がこのブログを見る方々には多いでしょうが、私はこの夏、奈良のならまち取材で始めて理解しました。掛け軸に仕立てられた古い町割り絵図を眺めれば、その構造は一目瞭然。
町内の様々な催し、地蔵盆だとか庚申講などすべては向かい合った家が参加して行われます。

うなぎの寝床の町家は表は道路に面して整備されていますが、裏は長さがそれぞれなのでがちゃがちゃです。裏同士が隣接してもそこは隣の町内会なのです。裏の事なんか知ったこっちゃねー。
ですから絵図で俯瞰したみると、決して整理整頓された面にはなっていないのです。

地面と言えば面だとばかり思い込んでいたので、筋の構造は容易に理解出来ない頭の固さが災いしました。

をはら筆

民映研の日常

大雨

2011/07/30 Sat 23:43

戻り梅雨なんて言葉があるらしい。太平洋高気圧の力が弱く北から梅雨前線が再び日本上空に降りて来る。
お隣韓国で大雨を降らせて洪水を引き起こした前線が南下し新潟から関東に掛けて斜めの留まっている。この下は大雨なのだ。燕市辺りの河川の増水はただ事ではない。東京も不安定に大雨が降ったようだ。
「ようだ」と云うのは、私は昨日から石川県小松市へ出掛けていた。お隣の新潟県は大雨なのに彼地はときどき曇りな天候。真夏の暑さはないが、異常気象でもない。ほんのちょっとの線引きで状況は変わっちゃうんですね。
線がまったく引けないのは放射能ですね。関東を含む大きな円の中は、ムラはあるけど確実に汚染地域らしい。子供は西に疎開した方が無難な感じ。疎開といっても戻れるのはいつの事やら。

をはら筆
民映研の日常

またまたご無沙汰

2011/07/29 Fri 22:22

どうもご無沙汰です。いろいろ様々忙しく、民映研のブログから遠ざかってしまいます。
民映研の役員会なんかは開催して、これからの計画を考えたりはしているのですが、個人的にその他の事業が忙しくてねー。
中でも、をはらが新規に始める事業の準備にこまごまと忙しいのです。ShuHALLIという新ブランドを立ち上げます。映像とは直接関係ないのですが、四半世紀を超えて、伊藤碩男師匠や姫田さん、小泉さんと民映研で体験、経験してきた事を私なりに形にするとこうなちゃったって感じの事業です。
ホームページを作ってありますから見てみて下さい。http://ohl-r.com/
うんと簡単に言うと、足裏マッサージ屋。リフレクソロジストと一緒に商売を始めます。場所は南青山。
民映研でまず、姫田さんの足を覘き、東白川村の結婚式で伊藤さん小泉さん澤幡さん姫田蘭さんの足裏も覘きました。皆さん想像の通りに相当に曲がった根性の持ち主!足裏から様々な事柄が見えるのです。
どこが民映研での経験だと思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、民映研での体験と経験がなくば、今の私は実に薄っぺらな人間になっていた可能性大なぐら、いろいろな人や物と出会い、出会う事の意味を知り、大切さを学び、評価は死後他者がする事を学び、生前はただまっすぐ思った道を歩む、これにつきるかなーと。
映像も続けますが、それ以外もいろいろやらないとあと25年後には伊藤さんの年齢になっちゃいますからねー。

をはら筆
民映研の日常

ご無沙汰!

2011/07/14 Thu 23:57

をはらです。ちょと民映研ブログをかまっているヒマがありませんでした。
民映研の上映会を開催し、続けて私が主宰するシルバーチャンネルの上映会を民映研と同じ場所で開催し、個人的に新しい事業を本格化するための引っ越し作業があり、シルバーチャンネルの事務所移転もあり、民映研出身・由井監督の新作で奈良へ伊藤碩男キャメラマンと共にロケーションにいったりと忙しい。気持ちに余裕がなくなる。同時にいくつもの事を考えている。くるくるパーになる。
民映研の上映会は、成功でした。開催して良かったです。今までの価値と違う視点で動けたのが良かったです。日本中で開催したいですが、取り敢えず、東京・浅草で原宿と同じプログラムで上映会を開催したいと考えています。お楽しみに。

をはら筆
民映研とシルバーチャンネル、両方とも上映会へ足を運んで下さった方々、ありがとう。心よりお礼申しあげます。感謝!
民映研の日常

忙しい

2011/06/16 Thu 11:07

 いやーなんだか色々な事が同時に動く、始まる。そんなこんなでやたらと忙しい。時間がない。で、民映研のブログにも書き込めない。
 民映研の上映会も近づいてきました。民映研の事務局もいろいろ変化があります。私がやってる認知症高齢者映像会社の引っ越しがあります。私が住んでいる所の引っ越しがあります。新しい作業所を新たに一カ所探しています。それが見つかると新しい事業が始まります。役員をやっている会社が震災の影響で経営難です。これはなんとかしないと。7月は車検もあります。最近請求書を発行していません。と、云う事は!間もなく入金が途切れる!がーん。
あーあ金の切れ目が縁の切れ目だ。

亀を飼っています。体重が27Kgもあるのでややこしい生き物です。
そいつが最近声を出します。因に普通カメは鳴きません。「ゔぉー」と鳴きます。変です。
そこでカメ病院へ行きました。
カメは尿酸を大量に生成します。それは糞と共に排出されますが、少しづつ溜まり塊になります。カメ医者は「尿酸が溜まっちゃったんだな」といいました。レントゲンを撮ってみないと分かりません。
レントゲン撮影しました。写っていました、尿酸の塊が。縦18Cm横5Cmの巨大な塊。大きなオハギ位はあります。
これが段々下がって来て、カメはそれを排泄したくてうなっていたのです。人で言えば大便秘ですよ。
で、これを取り出すには手術です。10万円掛かるそうです。それを聞いてちょっと気絶しました。
取り敢えず撮影したレントゲン撮影料と診察料で15,000円!

人間の健康保険はありがたい仕組みなんだなーと改めて思ったのでした。
民映研の日常
 | HOME | Next »
バナー旧太田家新作報告 バナー対論日本3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。